シンガポールで圧倒的な存在感を持つマリーナ・ベイ・サンズは、いろいろな場所から夜景撮影を楽しめ、どこから撮っても絵になると思います。

今回はその足元や周辺を歩いて、どんな夜景が撮れるか紹介しようと思います。

ショッピングモール前から

最もお勧めなのは、何と言ってもラッフルズ・プレイスの方向です。

これはマリーナ・ベイ・サンズに隣接するショッピングモールの前から撮ったもので、地下鉄ラッフルズ・プレイス駅周辺に連なる高層ビルをすべて入れてみました。

水辺にあるのでリフレクションも素晴らしく、近未来的な夜景を存分に楽しめます。
DSC00327

毎夜行われている光と水のシンフォニー「SPECTRA」では、音楽に合わせて噴水が吹きあがり、幻想的な光景を見せてくれます。
DSC00256

◆SPECTRAの開催時間は下記時刻から約15分間
午後8時、午後9時、午後10時(金土のみ)
DSC00527

常設なのか、たまたまのイベントなのかは不明ですが、休憩スペースもあります。観光客のみならず、市民の憩いの場でもあるようです。この日は時々雨が降るあいにくの天気でしたが、多くの人で賑わっていました。
DSC00373

振り返って、マリーナ・ベイ・サンズを見上げてみると、夜空に燦然と輝いています。3棟の上部に架かる構造物は船を模しているそうですが、日本ではまねのできない発想ですね、、、

「船」のブルーとヤシの木のグリーンが良い対比で、目に鮮やかでした。
DSC00351

◆以上すべて
【撮影機材】SONY NEX-5T + E PZ 16-50mm/F3.5-5.6
【撮影日】2018年3月26日


ヘリックス橋(Helix Bridge)

ショッピングモールからヘリックス橋(歩道橋)を渡って北側の公園に渡ることができますが、このヘリックス橋の夜景はとても素晴らしく、外せない撮影ポイントです。

ヘリックス橋の螺旋状の金属の質感、ライトアップ、マリーナ・ベイ・サンズが1枚に収まり、SNS映えすること間違いありません。撮影は4年前ですが、とても気に入っています。
DSC01978

ヘリックス橋の上から、アートサイエンスミュージアムとラッフルズ・プレイスのビル群です。アートサイエンスミュージアムはどう見てもコスモスの花ですが、本来の意図は何なんでしょうか、、、
DSC01971

【撮影機材】SONY NEX-5 + E 18-55mm/F3.5-5.6
【撮影日】2015年6月22日


エスプラネード(Esplanade - Theatres on the Bay)屋上庭園

エスプラネードの繭状の建物に連なるビルの屋上に庭園があり、そこからの眺望も素晴らしいです。さほど混雑しておらずノンビリ撮るにはもってこいのスポットです。

すぐ目の前にはEsplanade Outdoor Theatreがあります。
DSC01508

マリーナ・ベイ・サンズのみならず、ラッフルズ・プレイスのビル群も撮れる穴場的なスポットです。
DSC01509

反対側はこんな風に半円形になっていて、背景は五つ星ホテル群です。
DSC01510

【撮影機材】SONY NEX-5 + E 18-55mm/F3.5-5.6
【撮影日】2015年6月18日

以上、今回はシンガポールで圧倒的な存在感を持つマリーナ・ベイ・サンズの足元や周辺からの夜景を紹介しました。