毎日ビールで晩酌を続けているため休肝日のことが気になってきたので、ノンアルコールビールに変更することにしました。

5年ほど前にもノンアルコールビールを飲み比べてみたことがあり、その時の調査では、
本物ビール>ブローリー・プレミアムラガー>ヴェリタスブロイ>...超えられない壁...>国産ノンアルコールという結果でした。

最近ではノンアルコールビールの銘柄も増えているようなので、あらためて調査することに。

今回は、日本ビール(株)製の龍馬を試してみました。
国産のノンアルコールビールは変な雑味があり敬遠していましたが、ネットで高評価なので気になっていました。
5_龍馬

味わい

なかなかグッドでした。コクがあってビール感があります。ヴェリタスブロイを濃くしたような感じで飲みごたえがあります。

ただ、かすかに麦っぽい味わいがあり、若干の違和感が残ります。このあたりもヴェリタスブロイと似ているように思います。


製法

国産なので、脱アルコール製法は使えないと思われますが、海外の脱アルコール製法のものと遜色がない感じです。


添加物

プリン体ゼロ、添加物ゼロ(炭酸以外)を謳っています。また、(本物)ビールに比べカロリー70%カットというのもメリットかと。


価格

近所の一般的なスーパーや酒店では売っていませんでしたが、「成城石井」で発見して購入しました。
350ml缶が163円(税込)でした。

amazonでは、350ml×24缶が2743円(税込)なので、まとめ買いすれば1缶あたり114円(税込)くらいになるようです。


リピートするか

ヴェリタスブロイを濃くしたような感じなので、ヴェリタスブロイの代わりに飲んでも良いかなと思います。国産ビールのなかでは断トツで美味いかと思います。

今のところ、以下のような順列
本物ビール>ブローリー・プレミアムラガー>ヴェリタスブロイ≒龍馬>...超えられない壁...>国産ノンアルコール

ただ、ビールに有名な人物名を冠するのは、好みの問題もありやや微妙かなと思います。ドラゴンホースとかDragonHorseとかにして、缶に肖像画が無い方が良かったのに、、、

※以上すべて私見です。