東南アジアの旅にはエアアジアを利用することが多く、特にバンコクへ行く際にはたびたび利用していますが、エアアジア航空券の価格は日々変動しているので最安値を追うのがたいへんです。

どういう背景で変動しているか掴めていないし予約のタイミングには迷うことも多いで、今後の参考のために、今年11月の成田→バンコク便の価格を9月1日から調査を続けています。

9月3日の記事9月9日の記事でその時点での調査結果を示しましたが、今回はその続報で9月1日から18日までの推移を見てみます。
※6日、8日、12日は調査を失念
※成田空港→バンコク・ドン・ムアン空港行き(片道、空港税等含む)

最安値9,100円は超プロモーション価格と思われるので、これは別格として、13,000円と14,000円がかなり出現しているので、これが狙い目ですね。

9月10日前後には25,000円かそれ以上に収束する気配でしたが、9月13日に安値が突然増えました!

この傾向はとても大きな変動で複数日に渡っているので、大量のキャンセルが出たとかの理由ではないように思えます。売れ残りが目立ってきたのでしょうか。背景は本当に不思議ですね。
AirAsia
いずれにしても、14,000円程度であれば行く気が出てきます。新幹線で東京から大阪へ行くくらいの料金なのは本当に驚きです。

大手の航空会社ですと、税金+燃油特別付加運賃だけで10,900円もかかるので、それに運賃が加わると比較にならないくらいの差が出てきます。※10月発券からは8,900円

エアアジアに関しては、安値とその出現傾向がわかってきたので、今後の予約に役立ちそうです。
・月初に最安値が出現する可能性がある
・いったん高値に収束しそうになっても、その後安くなる可能性がある
・13,000円~14,000円からさらに安くなる可能性は大きくないようなので、その価格で手を打って予約して良さそう。

2019年11月搭乗を2カ月前に調査した傾向なので、一般性があるかどうかは不明です。今後もウォッチしていこうと思います。