前回はバンコクで最も美しい橋と思われるプミポン橋の夜景を紹介しましたが、今回はそれに勝るとも劣らないラマ8世橋と、同じく斜張橋として存在感のあるラマ9世橋について記載します。

いずれもチャオプラヤー川に架かる橋で、ラマ8世橋は有名なカオサン通りの北方約1kmの位置にあり、ラマ9世橋はBTSサパーンタクシン駅から約4km南に位置しています。※いずれも直線距離


ラマ8世橋の上から

ラマ8世橋の上には歩道もあるので、そこからラマ8世橋自身を撮ってみました。東側から西側方向です。斜張橋の美しい姿が楽しめました。
DSC05002

次は道路の反対側から撮ったものです。道路は横断できないので、一旦橋を降りて回り込みました。斜張橋の特徴であるケーブルと主塔、車の光跡、夕焼け、ライトアップがグッドでした。
DSC05014
【撮影機材】SONY NEX-5 + E 18-55mm/F3.5-5.6
【撮影日】2013年4月29日


チャオプラヤー・エクスプレスボート乗り場(Phra Arthit)近くから

Phra Arthit は、「カオサン通り」の最寄りのチャオプラヤー・エクスプレスボート乗り場です。

ラマ8世橋の夜景を撮るには絶好のロケーションですし、水面近くなのでリフレクションも綺麗に撮れます。ここはボートを利用すれば交通も便利なので、一押しのスポットです。
DSC05021
【撮影機材】SONY NEX-5 + E 18-55mm/F3.5-5.6
【撮影日】2013年4月29日


ピンクラオ橋(Phra Pin-klao Bridge)から

ピンクラオ橋はラマ8世橋の一つ下流に位置する橋です。カオサン通りからやや歩きますが、歩道もありラマ8世橋が正面に見えるので、ここも良い撮影ポイントです。

2014年7月25日の撮影ですが、この日は期せずしてレーザー光線が飛びまくっていて、興味深い夜景が撮れました。レーザー光の理由はいまだにわかりませんし、それ以降何回かここを訪れましたが、レーザー光を再度見たことはありません。まさに一期一会ですね。
DSC05254
【撮影機材】SONY NEX-5 + E 18-55mm/F3.5-5.6
【撮影日】2014年7月25日


ラマ8世公園から

ラマ8世橋の西側にラマ8世公園があり、夜間でもひと気があるので安心して夜景撮りを楽しめます。

カップルも多く、良いデートスポットにもなっているようです。この夜景を見れば、テンションが上がること間違いないですね。本当に素晴らしいです!
DSC07695
斜張橋のフォルムはとても美しいです。ライトアップも見事です。近くに寄れるのもメリットです。

主塔のほぼ真下から見るケーブル群もいいですね。迫力があって圧倒されます。
DSC07655
【撮影機材】SONY NEX-5 + E 18-55mm/F3.5-5.6
【撮影日】2014年8月8日


ラマ9世橋

ラマ9世橋の夜景を撮るために、橋を俯瞰できる建物を調査してみたところ、南東に位置する Chapter One コンドミニアムが適していることが分かりました。

民泊紹介サイト airbnb で探してみると、良さげな民泊を複数発見しました。1泊あたり3,500円と格安の部屋を予約して、夜景撮りにトライした次第です。

バルコニーからはラマ9世橋が良く見え、期待通り絶好のロケーションでした。ルーフトップバーなどと違い、なんの制約もなく自由に夜景撮りを楽しめたのは最高です。
DSC05098
ただ、ラマ9世橋のライトアップがやや弱めなので斜張橋のケーブルが目立たないのと、ラマ9世橋の造形がやや武骨なのがちょっと残念でした。

コンドミニアムの庭に出て、チャオプラヤー川近くからも撮ってみました。やはりケーブルのライトアプが不足気味ですね、というか、背景が明る過ぎるようです。河畔の様子が良くわかり、構図としては気に入っています。
DSC05154
上の2枚はRAWで撮ってパソコンでJPEGに変換したものです。忠実ではあるのですが、メリハリに欠けるので、夜景写真的には面白みがありません。

そこで、カメラのオートHDR機能を利用してJPEG撮影し、さらにレタッチで輝度&コントラストを上げてみました。このくらいの方が当時のテンションに見合う気がします。
DSC05287
左端に輝いているのはカシコン銀行のビルです。遠くからでも良く見えるので、ランドマーク的存在ですね。遠くからこのビルを見かけるたびに、民泊のバルコニーから撮ったこのシーンを思い出します。

【撮影機材】SONY NEX-5T + E PZ 16-50mm/F3.5-5.6
【撮影日】2016年2月3日、6日

以上、今回はラマ8世橋とラマ9世橋の夜景を紹介しました。