パスポートの発行日と有効期限の月日は同じになるので、発行日を絶対に忘れない日付になるよう仕向ければ、航空券のウェブチェックインやビザの申請等でパスポートの有効期間満了日や発行年月日を記載する際に、いちいちパスポートを確認する必要が無くとても便利です。

こうすれば、パスポートの番号だけ頑張って覚えておけば良いわけです。語呂合わせなどを活用すれば何とかなる範囲かと思います。

絶対に忘れない日付とは例えば、初恋の人や、配偶者、子供とかの誕生日が考えられますね。これらは忘れることはまず無いでしょう。

パスポートを申請したい時期になったら、直近の「絶対に忘れない誕生日」に合わせて、申請日を調整すれば良いのです。

※以下、東京都パスポートセンター有楽町分室を利用して、10年間有効のパスポートを申請(有効旅券を提出して旅券申請)した際の体験です。この方法が保証されているわけではないと思うので、ご注意ください。


パスポート交付開始日の前日が発行年月日に

私の住む東京都の場合はパスポート申請から受け取りまでの期間は6日間ですが、経験上、交付開始日の前日が発行年月日になるようです!

先日、10年間有効のパスポートを申請(有効旅券を提出して旅券申請)しましたが、このルールがあてはまり、無事に希望通りの発行年月日のものを入手できました。

実は、10年前のパスポート入手時の日記を見ていてこのルールに気がつき、今回は自分の好きな日付になるよう調整してみた次第です。

東京都生活文化局のホームページに交付予定日のカレンダーが掲示されています。

◆受け取りまでの期間(申請・受領日を含む)
6日間 
土曜日・日曜日・国民の祝日・振替休日 ・年末年始(12/29~1/3) を除く。

◆旅券交付予定表(22019年9月の例)
月/日の形式で小さく緑色で表示されている日付が、その上段の日付で申請した場合の交付開始予定日です。例えば、発行月日を9月26日にしたい場合は9月18日に申請すれば良いと思われます。
sep
申請時刻によって交付開始予定日が変動するかは不明です。私の体験では、10年前も今回も昼過ぎに申請しました。

◆ご参考
東京都生活文化局のホームページ(パスポート交付予定日


万一ズレたとしても1日くらい早まる程度かと思いトライしてみましたが、今回もうまく運び、好きな日付のパスポートを入手できて良かったです。10年後にも再度トライしたいものです。(鬼大笑い)