シドニーで有名な夜景スポットと言えば、オペラハウスとハーバーブリッジがすぐに思い浮かびます。

前回は最も印象に残ったハーバーブリッジを紹介しましたが、今回はオペラハウスを中心にした夜景を紹介します。

オペラハウスは撮影ポイントが限られると思い込んでいましたが、いざ写真を整理してみると、オペラハウスもいろいろな角度から撮っていたことに気付きました。

私の中ではハーバーブリッジの印象の方が強かったのですが、オペラハウスはそれに勝るとも劣らないと言えるでしょう。


ハーバーブリッジを背景に

オペラハウス単体ではありきたりになってしまうので、最も気に入ったハーバーブリッジが背景になる位置を探して、まずは下記の地図に示すピンのあたりへ行ってみました。

上の位置からだと、オペラハウスを南東から見ることになります。オペラハウスの特徴的な構造が見えていますし、ハーバーブリッジと右奥のビル群も入って、なかなかの撮影ポイントかと思います。

これはAPS-Cサイズ機でズーム24mmで撮ったので、35mmフィルム換算で36mmくらいの焦点距離です。さらにトリミングしているので実質50mmくらいかと思います。水面の反射もそこそこ楽しめました。
DSC04059

さらに右手、半島の突端まで移動するとハーバーブリッジを真横から見ることができます。オペラハウスも存在感がありますね。この付近では、ここが最もお勧めの撮影ポイントです。

このあたりは「ミセス・マクアリーの椅子」という有名な景勝地になっています。岩があって間近まで降りられるので、長時間露光で波の雰囲気も撮ろうとしましたが、この日の波はやや弱めでした。
DSC05004


オペラハウスの西側から

湾を隔てた西側にはレストラン等が多数入っている大きな商業施設や桟橋があり、オペラハウスを撮る(見る)にはとても良いロケーションです。電車の駅が近く観光スポットも多い地区なので、ここで語るまでもなく訪れる機会がありそうですね。

まずは、湾沿いの商業施設の屋上からです。オペラハウスが間近に見え、湾に出入りする船の光跡も撮れるので、ここもお勧めの撮影ポイントです。
DSC04407

次の写真は、商業施設を降りてさらに左手に進み最も北寄りのポイントから撮ったものです。オペラハウスの形状は、観光写真等で良く見慣れたものになってきますね。写真は工夫もなくベタですが、、、
DSC05831


ハーバーブリッジの歩道から

最寄りの駅からはやや歩きますが、ハーバーブリッジの歩道は一押しの撮影ポイントです。絶対に外せないポイントなので、是非とも訪れることをお勧めします。

次は南側のパイロン(橋の支柱)付近から撮ったものです。角度的にはここからがベストではないでしょうか。オペラハウスの特徴が最も良く現れているかと。屋根の形状がなんとも優雅です。
DSC05019

ハーバーブリッジの歩道を橋の中央付近までさらに進み、フェリー乗り場と市街地のビル群も入れてみました。オペラハウスの屋根は猫耳状になってしまいますが、この構図も良いと思います。船も光跡も存分に楽しめます。
DSC06251

以上、今回はシドニーのオペラハウスを含む夜景を紹介しました。次回は、シドニータワーからの夜景を予定しています。

【撮影機材】SONY NEX-5 + E 18-55mm/F3.5-5.6
【撮影日】2014年5月上旬