タイ最大手の通信事業者AISが発行している「SIM2Fly」は、多数の国で使えるプリペイドSIMですが、国際ローミングが前提のためか、購入時にはタイ国内では使用できなかったのが難点でした。

しかし、今年の4月頃から500MB10日間はタイ国内で使える仕様が追加されたようで、この改善は大いに歓迎できます。しかも、国際ローミング部分が4GB8日間→6GB8日間に増量されています。

そんな中、先日実際にSIM2Fly・アジア&オーストラリア版を購入してタイで使用してみたところ、国際ローミングを前提とした6GB8日間の部分がタイ国内でも使えてしまいました!

またも仕様が変わったのでしょうか、、、背景は不明ですが、今回はその経緯についての速報です。


日本で購入したSIM2Fly

2019年8月に、二枚目を購入しました。すでに一枚を使用していますが、なんとなくもう一枚入手したくなって、、、電話番号もより語呂の良いものになるかもと期待して。以下は購入時の画面ショットです。説明文には4GB8日間と記載されていますが、ネットの情報によれば、この時点で既に6GB8日間となっているようです。

2019年8月購入

誤ってアクティベート

もともと、9月に台湾に行くつもりで購入したのですが、都合で取りやめにしていました。

SIMを切り取って準備していたのですが、そんなわけで、使用する機会を逸して保管していました。

11月初旬にタイに旅行することになって、出発前に以前から使用していたSIM2Flyを装着しようとして、誤って未使用のSIM2Flyを装着してしまいました!

これでアクティベートされたと思い込んでしまい、完全に無駄にしてしまうよりは、タイ国内で使用できる500MB10日間だけでも利用しようと思ったのでした。

※国際ローミングをオンにしなければアクティベートされないという情報もあるようですが、パニクっていたので、日本出発前に国際ローミングをオンにして使用を開始してしまいました。


タイ国内使用可の示唆と1GB3日間のプレゼント

スマホアプリ「my AIS」でデータパッケージを確認してみたところ、なんと「6GB 8D_incl Thai」の表示があります。これは、タイ国内でも使用可能ということでは!

さらに、500MB10日ではなく、1GB3日間がプレゼントされています。
初期2

嬉しい表示ですが、背景がわからないので、半信半疑です。

もし、本当にタイ国内で6GB8日間が使用できるなら大改善ですね。

また、1GB3日間も嬉しい措置です。ともかく、タイで実際の状況を確認したいところです。


まずは1GB3日間から消費される

タイ到着後、すぐにデータ通信が使用できました。予想通り、1GB3日間の部分から消費されていきます。以下は、タイで約300MBほど使用したあとで、「my AIS」でデータ残量を確認した結果です。
1G残量
なお、これより前に LINE pay で10バーツほどトップアップしていたので、Balanceは10バーツとなっています。
※LINE pay でのトップアップについては、筆者別記事の「タイAISのプリペイドSIMはコスパ良くとても便利!日本からチャージも可能」に記載してあります。


国際ローミング部分6GB8日間がタイで使用できる

さて、1GB3日間のリミットが過ぎた後にどうなるか、興味津々で見守っていたところ、なんと国際ローミング部分で、タイ国内で、データ通信の利用が可能でした!

タイ国内なので、ローミングの設定はむろん「オフ」です。

以下は、1GB3日間のリミットが過ぎた後に数十MBほど使用したあとで、「my AIS」でデータ残量を確認した結果です。これを見ると、「6GB 8D_incl Thai」が順調に消費されている感じです。
2
これまで、SIM2Flyの初期パッケージにおいて、主機能である国際ローミング部分はタイ国内では使用できないという認識でしたが、それを覆す現象かと思います。
※トップアップしてタイ国内用パッケージを購入すれば、タイ国内で使用できることは知られています。

仕様が変更(改善)になったのでしょうか、、、

あるいは、日本でアクテイベートして最初にタイで使用したことに起因しているのでしょうか、、、

いずれにしても、タイ以外の対応国へ移動して引き続き使用できるか確認したいところですが、今回はその機会は無く残念です。

偶発的な現象なのか不明ですが、今後情報(体験談)が増えて来ると思うので、それに期待しています。

※タイAISの仕様は随時変更されるようですし、本件に一般性があるかは全く不明なので、最新の情報にご注意ください。