水辺にある都市シドニーでは、いろいろな場所から水面反射(リフレクション)を伴う美しい都市夜景が楽しめます。

今回は、シドニー中心部の高層ビル群とそのリフレクションが堪能できる撮影スポットを紹介します。


ミセス・マクアリーの椅子近くの遊歩道から

まずは、有名な撮影スポットである「ミセス・マクアリーの椅子」がある半島のほぼ中央部の遊歩道から撮ってみたものです。

最寄りの駅からはやや歩きますが、シドニーの高層ビル群が一望でき、素晴らしいリフレクションも楽しめるポイントです。湾内になるので波も穏やかなので、リフレクションを楽しむには絶好の場所と思います。
DSC04051


ミルソンズ・ポイント付近から

ハーバーブリッジを渡った北側のミルソンズ・ポイント付近からは、フェリー乗り場(Circular Quay)とその南側の高層ビル群が一望できる良いポイントです。

リフレクションは弱めですが、綺麗に整った街並みの夜景を楽しむことができます。この左手にはオペラハスがあります。※オペラハスを含む写真は11月3日の記事に掲載したので今回は割愛します。
DSC04712


フェリー乗り場(Circular Quay)付近

シドニーを訪れた方は必ず立ち寄ると思われる交通の要所なので、あえて説明の必要は無いと思いますが、その夜景も秀逸でいろいろな角度から楽しむことができます。

まずは埠頭付近から撮ってみました。背景の高層ビル群も含め煌めく景観です。フェリーの光跡も期待できますが、この時はやや少な目でした。
DSC04415

次はハーバーブリッジのパイロン近くまで進んで Circular Quay 方向を撮ったものです。右手に、有名な観光スポットである歴史地区「ザ・ロックス」の一部が見えていると思います。近代的な高層ビル群との対比が際立ちますね。
DSC04432

次は、上記とは別の日にハーバーブリッジの遊歩道から撮ったものです。Circular Quayはこの角度から方が良さそうです。煌めく景観が素敵です。

角度がついてフェリーの光跡もより撮りやすくなっています。右端にシドニータワーの展望台も見えていますね。
DSC05014


ブラックワトル・ベイ・パークから

シドニータワーから見えた斜張橋を撮りに、その南側にあるブラックワトル・ベイ・パークまで行ってみました。結果的に大正解で、湾岸の遊歩道からリフレクションを伴う夜景が楽しめました。

この斜張橋はアンザック橋(Anzac Bridge)という名で、ブラックワトル湾に架かっています。シドニータワーも構図に入り、期待通りでした。
DSC05769

やや右方向、25秒ほど露光してリフレクションを強調してみました。
DSC05774

さらに右方向へ移動し、シドニータワーとビル群のリフレクションを狙って撮ったものです。これも期待通りで、行った甲斐がありました。
DSC05780


セントメアリー大聖堂付近から

水辺のリフレクションからは離れますが、シドニータワーから見えたセントメアリー大聖堂のライトアップに惹かれて行ってみました。

まずは、セントメアリー大聖堂とその西側にあるアーチボルドの噴水です。ハイドパークの北端でもあり、ゆったりと散策するにはとても良い場所です。訪れたのは5月で南半球的には肌寒い時期でしたが、温かい季節であればより楽しめると思います。
DSC05447

シドニータワーから歩いてすぐ近くです。シドニータワーは高さ250mということで、さほど高くはないですが、マッチ棒のようで不安を煽る形状ですね、、、
DSC05451

大聖堂の正面(南側)からです。ライトアップが映えています。シドニータワーも絡めてみました。
DSC06258

11月3日、5日、17日と今回の記事で、シドニーのおすすめ夜景スポットを紹介してきました。

シドニーの夜景はこれでネタ切れですが、昼の風景も含めとても綺麗な景観が楽しめる都市でした。機会があれば再訪したいところです。

ただ、物価が高めなのが惜しいですね。欧米諸国と同程度かも知れませんが、東南アジアの物価に慣れた身には高めに感じました。

【撮影機材】SONY NEX-5 + E 18-55mm/F3.5-5.6
【撮影日】2014年5月6日~12日