今年(2019年)のロイクラトン祭りは11月11日ということで、その日の夜景撮りを目的の一つにしてバンコクへ旅行してきました。

11日はチャオプラヤー川に出るか、灯篭流しを間近で撮れそうなベンチャシリ公園やベンジャキティ公園へ行くか相当迷いましたが、花火が期待できそうなタクシン橋へ行ってみました。

ネットでいろいろ調べても花火の時間を明示した情報は見当たらないため、20時頃ではないかと見当をつけて出かけたわけですが、結果的にこれが大外れで花火撮りは失敗に終わりました。

待ちくたびれてホテルへ戻った直後に大音響が聞こえてきました。(泣きっ)

花火打ち上げの音は、21時45分から~22時頃まで続きました!
何とも悔しいので、来年は失敗しないように、またお役立ち情報として明示しておきます。。。


タクシン橋で19時~20時頃まで

タクシン橋へは19時頃に到着し、長時間露光で船の光跡を撮りながら花火を待つことに。

橋の歩道には多くはないものの人がいて花火を持っているような雰囲気もあったので期待して待ちましたが、20時が過ぎても一向に始まる気配がありません。

どうしようもないので、光跡撮りに集中するしかありません。以下は約4分ほど露光したものを2枚ほど比較明合成したものです。正面左の高層ビルを全部入れようとすると水面部分があまり入らず、光跡撮り的には中途半端になってしまうのが悩ましいところです。
1_00
花火が打ち上げられる場所は、タクシン橋の上流と下流側双方にありそうなのですが、そのあたりの情報も日本語では探しきれず、不安を抱えたまま待っている状態です。

正面やや右手にある白い円形はアジアティーク・ザ・リバーフロントの観覧車です。このアジアティークの前で花火が上がるらしいのですが、そうだとするとタクシン橋からではやや遠すぎる感があります。


タクシン橋で20時~21時頃まで

20時の花火は無かったので、次は21時を待つことに。

手持ち無沙汰なので、光跡を撮るしかありません。この日は飽きるほど撮れました。もうしばらくは、タクシン橋へ行かなくて済みそうです。。。

以下は4分~5分ほど露光したものを数枚ほど比較明合成したものです。ロイクラトン祭りも関係しているのか、ディナクルーズ船や遊覧船、送迎ボートがたくさん行き来していました。
H_5_exceptYY
ここに花火を是非とも加えたいものですが、やはり一向にその気配がありません。花火の台船も見当たらないので、打ち上げはやはり奥のアジアティークの近辺なのかと、やきもきして待つばかり、、、
H_14+15+18+20+23+28+30
大型のディナクルーズ船も数多く出ていて、チャオプラヤー川はこれまで見たこともないような賑わいでした。


21時過ぎにタクシン橋から退散

21時になっても何も起こりません。。。

タクシン橋の歩道にはそこそこ人が出ていますが、花火を待つほどの混雑にもならないので、花火は無いのかもと思い始めました。

近くの人に、今日花火があるのか、何時からなのか聞いてみましたが、英語はわからないと思いっきりダメ出しのジェスチャーをされる始末。

片っ端から聞いて回れば良かったのでしょうが、車道の排気ガスがひどく疲れも溜まってきたので、そこまでの気力もなく、退散することに。

光跡は十分撮れて満足ですが、花火は本当に残念でした。光跡の上に花火が欲しかった。。。
H_25+26


21時45分~22時頃、花火の大音響を聞く

シーロム地区にあるホテルまで戻った直後に、花火の大音響が聞こえてきました。まさに、皮肉たっぷりです!

音だけなので打ち上げ場所は不明ですが、距離的にタクシン橋近辺であろうかと思います。打ち上げの音は、21時45分から22時頃まで続きました。

来年また行けるかわかりませんが、是非ともリベンジに行きたいところです。。。