海外旅行で長時間飛行機に乗る場合は座席の選択がとても重要ですが、格安航空(LCC)では座席指定が有料なので、座席指定せず放置してLCC側に任せるか座席指定料金を払って好きな席を選択するか迷うことがあります。

今回は、放置して奥まった席を割り当てられてしまったのをリカバーした件と、あらかじめ座席指定を行って満足できた体験を紹介します。


エアアジアの成田→バンコク便での体験

座席指定をしないでおくとチェックイン時に自動で座席が割り当てられます。過去の体験では通路側になることがほとんどだったので、2019年1月に予約した際には座席指定しませんでした。

◆3連座席の最も窓側の座席を割り当てられる
搭乗日の2週間前にウェブチェックインを行った際には、16Aという3連座席の最も窓側の座席が割り当てられていました。
1_NRT2DMK_座席候補
これはつらそうです。トイレに行くには2人に迷惑をかけることになってしまいます。

搭乗前にはビールでほろ酔い気分になっていたいので、バンコクへ着くまでには(当然)トイレに行きたくなりますし、16Aだと翼の上になりそうで地上の景色も楽しめず、デメリットばかりです。

◆座席指定することに
しかたなく座席指定することにしました。普通席なら2,000円前後の価格です。この時のLCCの純粋運賃(空港税など除く)は10,000円程度だったので割高ですね、、、
NRT2DMK

◆通路側を選択せずに2連座席の窓側を選択
素直に通路側を選択すれば良かったのですが、2連座席の窓際が空いていたので地上の俯瞰写真を撮りたくなって、つい窓側を選択してしまいました。

トイレに行くにも1人だけならなんとかやり過ごせそうなので、うまくいけば沖縄の島とかベトナムのダナンの空撮ができることを期待して、42Aを選択。座席指定料金は2,089円でした。
※体験から、日本~バンコク便はダナン付近の上空を飛ぶことがわかっています。

◆桜島の空撮ができた
この日は天候の関係か、期せずして桜島の上空を通過しました。初めての体験です。桜島がしっかり見えたのはラッキーでした。
DSC06973_2

◆沖縄の島々やダナンは空振り
一方、期待していた沖縄の島々からはやや離れたコースだったようで空撮はダメでした。ダナン通過時も、雲が多かったためか写真は残っていません。


スクートのバンコク→成田便ではあらかじめ座席指定

エアアジアの座席指定料金は何故かバンコク→成田便の方が若干安いのですが、スクートはさらに安く、スタンダート席が1,289円だったので、あらかじめ最も好きな席を選ぶことに。

これまで深く考えたことはなかったのですが、熟考(するほどでもないか)の上で、3席が2席に代わるところを選びました。

3連席の最後尾通路側は後ろに座席が無いので、思いっきりリクライニングすることができます。

下記のウェブでの選択画面では座席配置が実際と異なっており、後ろの2座席のところは2席が窓側に寄っていて通路側が空いているのです。この図では、70Cか70Hの席が最高にお勧めです。

scoot

◆機内写真
実際に写真を撮ってあります。どこを選択すべきか一目瞭然ですね。トイレに行くにも便利ですし。
IMG_20191114_132746

座席指定料金はかかりますが、あらかじめこの席をゲットしておけば、搭乗前のラウンジなどで好きなだけビールが楽しめると思います。