フリーマーケットのメルカリに参加して、不要な物品を売ることで断捨離が進んだのは良かったのですが、最新のレンズでも手ごろな価格のものが数多く出品されているので、つい購入してしまいました。

この結果、レンズに関しては断捨離どころか逆に増えてしまう破目に。


フリーマーケットではキットレンズも格安

メルカリをはじめネットのフリーマーケットでは、オールドレンズが格安で入手できますが、最新のレンズでもキットレンズについては不要な方も多く、新品(同様)でも希望小売価格の半額以下で出品されています。

◆キットレンズとは
カメラとセットになっているレンズです。ボディとレンズを別々に購入するよりもお買い得な価格に設定されていることが多いです。

ただし、レンズの性能的には優れているわけでもなく、明るさやズーム範囲に制約があり、マニアの方には敬遠される傾向があるようです。

また、マニアの方であれば、すでに交換レンズを所有しているため高性能でもないキットレンズはすぐに飽きてしまって、処分したくなるケースも多いと思われます。

そんな背景があるので、キットレンズはフリーマーケットに多く出品されていて、新品のレンズの半額以下に設定されていることが多いようです。

フルサイズミラーレス機ソニーα7用に購入

◆これまでは
α7の初代機をメインに使用していますが、以下の理由でボディのみを購入して使ってきました。
・フルサイズミラーレス機の実力が不明だったので、投資を最小限にしたかった。
・キットレンズが大きくて重く、あまり使う気にならなかった。
・マウントアダプタを使い、ペンタックスのオールドレンズを活かすことを指向。

フルサイズミラーレス機に十分満足してもうAPS-C機には戻れないことがわかったので、純正のフルサイズのレンズが欲しくなったものの、ソニーのレンズは高価なものが多くなかなか手が出ないでいました。

◆フリーマーケットなら格安
そんな中、フリーマーケットには格安のキットレンズが出回っているので、渡りに船とばかり購入してしまいました。

ソニー FE 28-60mm F4-5.6

2020年秋に発売されたα7Cのズームレンズキットのものです。

ズーム範囲は28-60mmと狭く、ネットでも中途半端と不評ですが、小型軽量(167g)なので気軽に持ち歩けるので、迷った末に購入しました。
DSC05906

単品の販売では、メーカー希望小売価格66,000円(税込)ですが、フリーマーケットでは新品状態のものが33,000円以下で出品されています。(送料&税込)
DSC05910
F値は4-5.6と暗めですが、私の場合、三脚を使った夜景撮影が多いので、特に問題ありません。

ズーム範囲が28-60mmはちょっと残念です。28-70mmだったら文句なしなのですが、、、
DSC05918
α7(初代機)に装着したところです。自己満足ですが、程よいバランスです。

α7はボディ内手振れ補正などの余計な機能が無いため小型軽量で、とても気に入っています。

この大きさであれば、常用のバッグに入れて常時携帯することも苦にならないレベルです。三脚も小型のもので行けそうです。
DSC05925
撮影時はレンズが繰り出す構造です。見た目は残念ですが、小型化のためには仕方ないですね。

外出自粛が続いているため、このレンズを使う機会があまり無いので性能や使い勝手はまだ十分確認できていませんが、入手して良かったと思っています。


ソニー FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS

2014年頃から販売されているやや古いレンズで、ズーム範囲は28-70mmです。

広角端が24mmでないのが惜しいですが、低価格なので仕方ないですね。
DSC05928
重量は295gとさほど重くはありませんが、サイズが大きいので気軽に持ち出す気にはなりません。

そのため、ずっと敬遠していたのですが、フリーマーケットで新品未使用のものが格安で出品されていたのでつい購入してしまったレンズです。
DSC05930
メーカー希望小売価格で買うほど欲しいレンズではなかったのですが、新品未使用のものがフリマでかなりお買い得価格だったのが背中押しになりました。
DSC05937
α7に装着するとこんな感じです。やはり大きく私の常用バッグには入りきりません。

α7の小型軽量さが活かせない大きさなのが惜しいですね。

このレンズを使う際は、カメラ用バッグを持ち出して気合を入れて撮りに出ることになります。


◆FE 28-60mm F4-5.6と競合
購入の順番として、FE 28-70mmを先に入手し、その後FE 28-60mmを入手したのですが、結果的に競合してしまいました。

性能的にはFE 28-70mmが気に入っていますが、常用バッグで持ち出せるFE 28-60mmは捨てがたく、今後どうするか悩ましいところです。

断捨離の観点からすれば、どちらか一方は処分したく、その際はFE 28-70mmをフリマに出品しようかと考えているところです。